口内発射

「お姉ちゃん、もうダメだ。ぼくイクよ!」

裕也が私の両肩をきつく握りしめた。弟はイク瞬間いつもこうやって弟の前にひざまずいている私の肩をぎゅっと強く握り締める。

自分ではそれほど強く握っているつもりじゃないのかもしれないけど、14歳の中学生が性的快感に耐え切れなくなって無我夢中で握りしめる力は、もう一人前の男の力と同じなんだろう。

弟は小さく「うっ」と小さく悦びのうめき声をあげてそのまま口内発射をした。
そして私の肩は徐々に力を抜かれてやっと開放される。

しばらくしていると、口内発射した弟のおちんちんは、だんだんと小さくなっていく。
いちばんを大きかった時の10分の1くらいになったような気がする。

もちろん目で見てみると、10分の1なんかにはなっているはずもなく、せいぜい半分くらいのきさになっているんだけど、目を閉じてお口の中で感じていると、小人さんのようになったように感じて、それがとてもかわいくてたまらない。

私が弟にこんなことをするようになったのは、去年、私が高校1年生の時だった。
フェラ好き

小学校の頃からスポーツ万能で勉強もよくできた弟。クラスや学校の代表を務め、明るくてみんなから信頼されていた弟。
でもある時いじめられていたクラスの子をかばったばかりに、そのいじめられっ子と一緒にいじめられる側に回ってしまったのだった。

ある日突然、普通の子がいじめられっ子になるというのは私も自分自身で目の当たりにしてきた。人間関係のバランスなんて一瞬先は闇だ。でも弟のようないい意味で目立っていた生徒もそういう風になってしまうんだということが、私にはとてもショックだった。

でも弟は必死に歯を食いしばって学校生活を続けていた。
両親には心配するといけないからということで口止めされた。
だから私は、そんな壊れそうな弟のことをそっと見守っていた。でもある日弟がこっそりと、自分ひとりで泣き崩れている姿を見てしまった。私はその時反射的に弟を抱きしめてしまったのだった。

その後時々そんなふうに抱きしめてあげるようになり、それが毎日抱き合うようになり、やがてこうして抱きしめるだけでなく、弟のおちんちんを大きくして口内発射受け止めるようなことをするようになった。

でも私は後悔もしていないし、これでいいと思っている。
弟には、今こういうことが必要なんだ。
私はそのことがよくわかっているから。

亀頭

30歳既婚サラリーマンの即ハメ体験

私は、結婚していますが、どうしても、いつも妻以外の女の人を即ハメしたくてたまりません。
別に妻のことを愛していないわけではないんですが、いつもセックスできないような、いわゆる初めての出会いで即ハメできるような女の子を求めてしまう癖があるのです。
そんな時に興味本位でイククルというサイトに登録しました。
出会い系サイトのようでしたが、そういうものを使ったことがない私には、よくわからず、とりあえず、即ハメできる女の子が見つかるかもしれないというだけで満足でした。

私は、そこで、28歳の主婦をやっている女の人と出会いました。
主婦というだけあって、その人はもちろん人妻でした。
その女性も、旦那以外の男性に抱いてほしくて出会い系をやっていました。

ですが、最初は、人妻だということをあまり知られたくなかったようで、独身といっていました。
はじめて会って、そのことを詫びてくれました。
私はむしろ、人妻の方が都合もよいし、すぐに彼女のことを許してあげました。
その代わりと言ってはなんですが、当分の間、私のセフレとして私に奉仕するという条件を付けました。

彼女とは驚くほど体の愛称が良かったです。
彼女も相性が良いのに気づいたらしく、とても情熱的なセックスが楽しめました。
初めてセックスをしたときに、このひととなら毎日でもセックスしたいと思いました。
それから、月に2~3度ほどは会って、セックスを楽しんでいます。
セフレというと、聞こえは悪いですが、あまり感情を入れすぎない付き合いができて楽しいです。
セックスをしていない時は、普通の友達のような感覚です。

おそらく、お互いにこの関係を壊したくないと思っているようですし、あと数年は続くのではないかと思います。
さすがに、既婚同士なので、連絡を取る際には、細心の注意を払っていますし、ばれても、言い訳ができるようにはちゃんとつくろってあります。
これからも、この微妙な距離感と気持ちの良いセックスを楽しんでいきたいです。

33歳既婚男性サラリーマンのゲイ出会い体験

私がゲイに目覚めたのは結婚してからでしたので、必然出会いは嫁の目を盗みながらということになります。
幸いにして私たちに子供は出来ませんでしたので、子供の目という心配はありません。
ゲイの出会いといえば定番ですが、ハッテン場と俗に呼ばれているところで私はパートナーを探します。
特定のパートナーは作らない主義です。その場限りの快楽だけの繋がりの方が今は楽しいんです。
この前クラブでナンパしたD君とは本当にいい思い出が出来ました。
二人で映画を観に行って映画の最中ずっと手を繋いでいました。あんな美少年と私があのような
時間を過ごせるなんて本当に夢のようでした。
D君は周りの友人にもカミングアウトしており、男性の友人も女性の友人も多いのだそうです。
特定のパートナーは作らず私と同じように一夜限りを何人と楽しんでいるのだそうです。
彼くらいの美少年になると恐らくパートナーに困るということもないのでしょう。
アイドルでも通用しそうな彼の屈託のない笑顔を見ていると私は彼を
車の助手席に乗せてどこまででも走らせてしまいたい、そう思いました。
私はD君と別れる間際に思わずまた会えないかなということを言ってしまいました。
D君は特定の出会い系の掲示板でたまにパートナーを募集しているからよかったら探してみてよ
といい私にアドレスを教えてくれました。
あれから毎晩、私のそのゲイの出会い専用掲示板でD君の書き込みを探しています。
隣の部屋では妻が寝息を立てています。